長万部産 黄金毛ガニの紹介です

長万部産 黄金毛ガニの紹介です。貴重な長万部産 黄金毛ガニを取り寄せてみませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長万部産 黄金毛ガニへのこだわり2





通信販売で唯一、長万部産 黄金毛ガニを販売している『食品通販の美
食市』のこだわりを続けて紹介します。

3、真水で洗います

長万部産 黄金毛ガニを海水で茹で上げたら、真水で15秒ほどすすぐよう
に洗います。

4、塩水で冷やす

最後に塩分濃度1.5%の塩水で冷やして締めます。

塩水で冷やして締めることによって、お客さんが自宅で解凍したときに、長万部産 黄金毛ガニが水っぽくなるのを防いでくれます。

これらの4つのこだわりによって、自宅でもおいしい長万部産 黄金毛ガ
ニを食べることができるんです。

『食品通販の美食市』で販売されている長万部産 黄金毛ガニには、毛ガ
ニのさばき方も詳しく紹介されている説明書もついているので、参考に
なります。

黄金毛ガニの紹介です
スポンサーサイト

長万部産 黄金毛ガニへのこだわり





通信販売で唯一、長万部産 黄金毛ガニを販売している『食品通販の美
食市』は、品質にこだわりをもっています。

おいしい長万部産 黄金毛ガニを届けるためのこだわりを紹介します。

1、冷水をかけ流し

長万部産 黄金毛ガニを茹でる前に冷水をかけます。

こうすることで、毛ガニについた砂や泥を取り除きます。

茹でる前にひと手間を惜しまないことが、長万部産 黄金毛ガニを茹で上げ後のうま味につながるのです。

2、海水でゆでる

海水(塩分濃度3.6%)で茹でます。

『食品通販の美食市』の長万部産 黄金毛ガニは、市場で競り落とされて
から茹での工程まで1時間もかかりません。

新鮮な状態で茹で上げることで鮮度が保たれます。

黄金毛ガニなら美食市

長万部産 黄金毛ガニで甲羅酒を





長万部産 黄金毛ガニの魅力は、何といってもカニみそでしょう。

カニみそが美味しい毛ガニならではの一品が、カニの甲羅酒になります
ね。

食べた後の長万部産 黄金毛ガニの甲羅(洗わずにそのまま使います)を用
意して、火の当たる部分の甲羅をアルミホイルで包みます。

そこに日本酒を注ぎます。

長万部産 黄金毛ガニの甲羅を網の上に載せてガスコンロで温め、グツグ
ツしてきたら出来上がりです。

日本酒とカニが好きな人にはたまらない組み合わせですね。

長万部産 黄金毛ガニなら、身はもちろんカニの甲羅酒も楽しめそうです
ね。

さっそく、貴重な長万部産 黄金毛ガニを味わってみませんか?

今までの毛ガニとの違いを味わうことができると思いますよ。

黄金毛ガニなら美食市でどうぞ

長万部産 黄金毛ガニの食べ方は





長万部産 黄金毛ガニをシンプルに食べる方法は、やっぱり窯茹でした毛
ガニをそのまま食べることです。

この食べ方でも、毛ガニ本来の旨味やカニみそを充分味わえます。

つけダレとして、家庭オリジナルの“合わせ酢”で楽しんでみたら、より一層おいしさが増すのではないでしょうか。

家庭オリジナルの“合わせ酢”なら、ポン酢とは一味違った美味しさが
楽しめます。

家庭オリジナルの“合わせ酢”は、酢2に対し、醤油を1が基本の分量と
なります。

この“合わせ酢”に、お好みで生姜の絞り汁やだしを加えたり、砂糖や
味醂を加えて自分好みの味にしましょう。

これでまた、長万部産 黄金毛ガニの楽しみ方が増えるのではないでしょ
うか。

黄金毛ガニなら美食市

長万部産 黄金毛ガニがおいしいのは





長万部産 黄金毛ガニがおいしいのには、理由があります。

長万部は、噴火湾に接しながら三方を山に囲まれ、特別豪雪地帯にも指
定される厳しくも豊かな自然に囲まています。

長万部では戦後間もなく毛ガニが豊漁となり、食糧難を克服するために
、毛ガニを使って“かにめし弁当”発売したところ大ヒットしたという
のは有名です。

長万部が位置する噴火湾沿岸には数々の温泉が点在しており、温泉から
湧き出るミネラル成分が延々と海に流れ込んでいます。

ミネラルがたっぷり含まれる餌を食べた長万部産 黄金毛ガニは、きめ細
かい繊維と甘みを持つ、長万部産特有の美味しい毛ガニへと成長します。

長万部産 黄金毛ガニの黄金色のカニみそも、栄養豊富な餌で育ったから
なのです。

黄金毛ガニなら美食市におまかせ

長万部産 黄金毛ガニとは





市場になかなか出回ることのない、長万部産 黄金毛ガニを通販で手に入
ることができるのは『食品通販の美食市』だけです。

『食品通販の美食市』は、交渉を重ね、長万部で長年水産業を営まれて
いる菊田水産さんより毛ガニをご提供してもらえることができました。

菊田水産の菊田社長いわく「長万部で獲れるカニはオホーツクにはいません。」

長万部産 黄金毛ガニは、繊維が立つくらいきめ細かくて甘味のあるカニ
身と、たっぷり入った滋味豊かなカニみそが特徴です。

長万部産 黄金毛ガニは、カニみその入り、色、味がほかの毛ガニとは全く違うと
菊田社長がいっています。

今まで多くのカニを取り扱っている社長がいっているのですから、間違いないですね。

黄金毛ガニなら美食市

長万部産 黄金毛ガニは、貴重です




長万部産 黄金毛ガニに限りませんが、毛ガニの魅力はたっぷり入った“
カニみそ”ではないでしょうか?

ほかのカニと比べてみても、そのおいしさは断トツです。

甲羅からすくってそのまま甘いトロトロの味を楽しむのもいいでしょう
し、ほぐしたカニ身にみそをたっぷりからめて食べるいいですね。

北海道長万部は、カニめしの発祥の地として知られています。

その長万部で水揚げされた長万部産 黄金毛ガニは、なかなか市場に出回
ることはありません。

資源保護の観点から漁が制限されているためです。

北海道長万部は、限られた季節に、5キロ沖までの範囲でしか漁を行えな
いために長万部の毛ガニの漁獲高はとても少ないのです。

黄金毛ガニの情報はココ

長万部産 黄金毛ガニを知っていますか?





長万部産 黄金毛ガニを口にしたことはありますか?

カニの本場といえば、北海道でしょう。

長万部産 黄金毛ガニは、カニの本場、北海道のなかでも貴重とされている
毛ガニです。

そのカニの本場、北海道で最も愛され、リピートされているのは『毛ガニ』
だということを知っていましたか?

北海道民に尋ねると、「一番よく食べるカニは毛ガニ」、「通は毛ガニ
」という声が返ってくるそうです。

毛ガニは、ズワイガニやタラバガニに比べて、とても繊細で甘みのある
身を持つのが特徴です。

毛ガニは、深い味わいがありながらそれでいてしつこくなく、カニ本来
の美味を楽しむことができます。

貴重な長万部産 黄金毛ガニを、一度くらいは口にしてみたいと思いませんか?

黄金毛ガニなら美食市です

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。